Entries

彼等はドラムだったのか【オリオの話 5/7】

 イベントでドラムのオリオに食べ物を与える日々。
 今回は、ちょっと核心的な話を聞く事が出来た。

 マラン島の中央に鎮座する船舶の『ナビ号』の船長である『トーマス提督』が、ドラムの街ラザーニャを築いた偉人の1人、つまり、マラン島の住民はドラムである、という事だ。

「マラン島の住人や猫の手サービスもいるのにこれ以上猫の種族増やして、被ってるじゃん」と思っていたのだが、同じ種族だったとは。

 いや、イベントの一番最初にオリオは「マラン島で見慣れているから珍しくないかも」って言ってたが、「既に猫みたいな種族がいるから、新しくドラムを見ても珍しくないかも」って意味だと思っていたんだ。

 つまりマラン島の住人(=ナビ号の船員であるドラム)は、異世界から来たのではなく、次元の裂け目に飲まれて同じ世界のパースタ大陸から転移して来たって事になるのか。
 それを踏まえてよくよく考えてみると、猫の手サービスの面々は、ラザーニャに戻ろうとして再度発生した次元の裂け目に飛び込み、本物の異世界に辿り着いてしまったという事に。何とも波瀾万丈と言うか不憫と言うか……。

 オリオの話も、あと2つ。
 どんな情報が得られるのか楽しみにしつつ、ドラム実装に臨むとしよう。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://leadenhilt.blog.fc2.com/tb.php/114-e518a874

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ファ流シ音

Author:ファ流シ音
 2006年4月、Chaos(現Vali)にて開始。
 それから3年間くらいは転生目指して必死にログインしていた記憶があるが、それから先は現役とも休止とも言えない中途半端な時期を過ごす。
 現在は何やかやでログインが増えて来たので、ブログを書き始めてみた。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント

アクセスカウンター

コピーライト

©Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved. ©GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. 当コンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。