Entries

降り注げ! イヌハッカ!

 ドラムが実装されてから1日経過。ROのタイムラインでもドラムの話題が活発に挙がっている。
 こちらも例に漏れず、ドラムのキャラクターを育成中。少しずつではあるが、レベルを上げている。

 特殊職アカウントの枠を使い、Trudrワールドにて3体のドラムを作成。名前は前もって考えていたものを、それぞれ無事に名付ける事が出来た。
 植物・動物・魚介の3系統をそれぞれ歩ませるものとして、まずは、植物系統のスキルを取得中のドラムから育成して行く。

『Muddy Branch(泥付きの枝)』と名付けて、チュートリアルから進めて行き、ストーリークエストをこなして行くとあっという間にBase80までアップ。Intも100を超えてまだまだ成長中。
 スキルも『イヌハッカメテオ』まで覚え、範囲攻撃で戦闘がサクサク片付く。単体攻撃の『マタタビランス』の威力もかなりのものなので、既に戦闘力は、今いる人間のキャラクターと比較しても引けを取るものではない。

 引き続きストーリークエストをこなす為、異世界クエストを進める。
 やはり、移動がサポートされていると早いな。

 特に何事も無く異世界クエストを終えて、異世界の猫の手職員と会話。

 パースタ大陸からはぐれ、マラン島に定住して、そのマラン島から更にはぐれて異世界まで流れ着き、帰還の為に猫の手サービスで資金集めをしていた職員達。
 現実世界の時間で何年も経った今、ついにこうして本土の同胞と連絡が取れたという訳で。

 その経過を考えると、何とも感慨深いと言うか。
 本当に良かったなあ、と思える。

 猫の手サービスを利用するために魚獲りでもやるかイヌハッカメテオでネペンテスでも狩るかしようかとも思ったが、ずっとクエストを進めて来た事もあり、ちょっとやる気にならなかったので特に何もせず帰還して報告。報酬を貰って一旦終了。

 レベルが上がったので、Intを伸ばし、マタタビランスを5まで取り切る。
 マタタビランスの属性が増えて、更に幅広く使える様になった。

 一旦休憩を挟んで再開し、クエストを受注。異世界は後回しにして、アドベンチャークエストの時計塔のモンスター討伐を行う事に。

 まずは1階で、パンクを探し歩き、見付け次第マタタビランスを連射してバリバリ狩って行く。

 それが終わると、3階に上がってアラーム狩り。こちらは数が多いので、探し回る必要は無い。溜まっている所にイヌハッカメテオを撃ち込めばバタバタ倒れて行くので、高スピードで討伐が進む。

 そして、地下に下りてペノメナ狩りに移行したが、こちらは群れを処理し切れず、イヌハッカメテオの詠唱中に倒されてしまった。
 スキルの威力は高くても、自身の耐久力はさほどでもないからなあ。魔法型のステータスだし。もうそろそろ戦う相手も強くなって来ている事だし、丁寧に戦って行かないとならないようだ。

 討伐はまた後日完遂させるという事で、今回はここまで。

 今は実装直後でドラムのキャラクターが溢れているが、今後はどうなって行くだろう。
 育成サポートが厚いので高レベルになるのは比較的容易で、装備の性能も良い。新規のアカウントやワールドでいち早く戦力を築き稼ぎを出すのに打って付けなので、他のワールドの様子を見に行きたい、ってときの先行キャラとして活躍するかも知れない。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://leadenhilt.blog.fc2.com/tb.php/118-a427edab

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ファ流シ音

Author:ファ流シ音
 2006年4月、Chaos(現Vali)にて開始。
 それから3年間くらいは転生目指して必死にログインしていた記憶があるが、それから先は現役とも休止とも言えない中途半端な時期を過ごす。
 現在は何やかやでログインが増えて来たので、ブログを書き始めてみた。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント

アクセスカウンター

コピーライト

©Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved. ©GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. 当コンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。