FC2ブログ

Entries

荷物の移動とレベルアップと

レドンヒルト「すまないな、ピオニーペタル。わざわざ来てもらって。
 呼び出したりして、手間を掛けさせてしまった」

ピオニーペタル「お気になさらず。手間と言うなら、わざわざアメジストを取って来て頂いたレドンヒルトとグレイデューの方でしょう。バサルトリリーに代わって、お礼を申し上げます」

レドンヒルト「アメジストを拾う為に入った『フェンリルとサラ』だが、軽い気持ちで走ってみたら脱出出来てしまった。
 グレイデューの方は、まず一度時間切れになってクリアフラグを立てた方が良いかもな」

ピオニーペタル「グレイデューでは大変でしょう。ではアメジストと……これは? ……ライトエプシロン、ではありませんか」

レドンヒルト「ああ。15thアニバーサリーのラリーで手に入ったものだ。
 斧と言えばバサルトリリーだろう。ピラミッドなりスフィンクスなりで活用出来ると思ってな」

ピオニーペタル「それは名案です。バサルトリリーもきっと喜びます。
 いずれアイスツーハンドアックスを持ってハイオークと戦う事と思いますが、それまでの武器としては最適です」

レドンヒルト「ああ。宜しく言っておいてくれ」

ピオニーペタル「はい、確かに。……それで、レドンヒルトはこれからどうするのです?」

レドンヒルト「ハイオークで修練だ。さっきも言ったが『フェンリルとサラ』がクリア出来て経験値が入ったからな。
 久し振りにレベルが上がりそうだ。では、また今度」

ピオニーペタル「ええ。お気を付けて」

 そんな訳で、アイテムを少し整理して受け渡しをした後、ロイヤルガードのレドンヒルトでハイオーク狩りに臨む。
 ハイオークは3、4体を『オーバーブランド』で倒せば全く安全に狩れる。1体や2体だったらHPを回復しながらじっくり狩る事も出来るので、殆ど回復アイテムは必要無い。

 危なくなったら座るだけで概ね回復するし、特に危険も無いままガンガンと狩りを続けて行く。
 1体当たり約0.1%と、若干伸びは落ち着いて来てしまったが、まだまだ良い経験値稼ぎ。

 埋まりかけていたBaseのゲージもどんどん伸びて行き、



 Base131に、レベルアップ。
 ステータスはStrにするかAgiにするか。ちょっと置いておいて考えよう。

レドンヒルト「そろそろロックリッジで戦ってみたい所だ。
 今なら回復アイテムを大量に用意する事も出来る訳だから、やってみるか」

 レベルが上がったばかりだし、挑戦するなら今の内かも知れない。
 今日はもう時間が無いので、余裕があるときにやってみよう。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://leadenhilt.blog.fc2.com/tb.php/125-8020d5f6

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ファ流シ音

Author:ファ流シ音
 2006年4月、Chaos(現Vali)にて開始。
 それから3年間くらいは転生目指して必死にログインしていた記憶があるが、それから先は現役とも休止とも言えない中途半端な時期を過ごす。
 現在は何やかやでログインが増えて来たので、ブログを書き始めてみた。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスカウンター

コピーライト

©Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved. ©GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. 当コンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。