Entries

ハイオーク・インベーダーゲーム

 メンテが明けたので、久し振りにTrudrワールドを選択して植物型ドラムのマッディーブランチでログイン。

 他のプレイヤーの方々は色々と頭装備や衣装を組み合わせてコーディネイトしている様子だが、装備が無いこちらとしてはなかなかそうも行かない。
 職の違いも無いので見た目に変化を付けるのはなかなか難しいが、せめてグラスでも掛けておく事にしている。

 ストーリークエストは異世界クエストを終わらせた所で止まっており、そこからは普通にフィールド狩りでレベル上げを行っている。
 クエストを進めるのってあまり得意でも好きでもないし、その上キャラ毎に同じクエストのセットを繰り返すとなると考えただけでウンザリしてしまう。
 そういう点もあって、自分で狩り場に赴き、好きなだけ狩って稼いで戻って来るやり方が、やはり性に合っている気がする。

 今回はプロンテラから南西に向かい、ハイオークの村で狩りをする事に。
 メインの方では、ハイオークを快適に狩る事が出来るのは今の所ロイヤルガードのレドンヒルトのみ。しかし、植物型のドラムなら、高ダメージのマタタビランスを水属性で撃つ事で狩りが成立する。

 1体だけならそのままマタタビランスを発射。連発する事で、大体3射で倒す事が出来て、その間に受ける攻撃も、充分耐えられる範囲内のものだ。

 複数が固まっているときは、マタタビランスの前にイヌハッカメテオを落とし、呪いを掛ける所から始める。
 そうして移動速度を落としたハイオークから距離を取り、引き狩りで1体ずつ撃ち倒す。
 こうした手法を取る事で、3体くらいの集団なら軽々と処理する事が出来る。

 Base90程のドラムにとっては、ハイオークで獲得出来る経験値はかなり大きく、破格の狩りが成立する。

 離れた所から、動きの遅い敵を1体ずつ撃ち落として行く様は、まさにインベーダーゲームかギャラクシアンか。
 そんな感じのシューティングゲームをやっている感覚に陥りつつも、少しだけレベルを上げて一段落。

 連休中は仕事が忙しくなるので、ログイン出来る時間がぐっと減るであろう事は確実。
 まあ、何とか頑張って、精錬祭に備える事にしよう。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://leadenhilt.blog.fc2.com/tb.php/128-fbf6a4a7

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ファ流シ音

Author:ファ流シ音
 2006年4月、Chaos(現Vali)にて開始。
 それから3年間くらいは転生目指して必死にログインしていた記憶があるが、それから先は現役とも休止とも言えない中途半端な時期を過ごす。
 現在は何やかやでログインが増えて来たので、ブログを書き始めてみた。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント

アクセスカウンター

コピーライト

©Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved. ©GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. 当コンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。