Entries

キャロットビートで一網打尽

 久し振りにTrudrワールドでログイン。
 今回は、動物系ドラムのシャープンドアンバーを動かす事にする。

 マラン島のストーリークエストが、ニャドベンチャーと地下排水路が終わった段階で、次は異世界クエストを進めるべきなのだろうが、面倒でなかなか手が付かない状態。
 異世界ツアーズがある内にやっておいた方が良いなあ、とは思うが、今日はアドベンチャークエストをこなす。

『イズルード海底洞窟』は、今ならイベント会場からひとっ飛び……と思いきや、よく考えたらZenyもベーグルも無い。
 仕方が無いので、ジンドウに転送してもらい、1層から4層まで地道に下りて行く事にする。

 討伐対象は、半漁人、ソードフィッシュ、マルク。
 4層に下りたとき、ちょうど半漁人の大群が出現した所だったため、『キャロットビート』を連打し、大量に倒して一気に討伐が完了してしまった。

 習得したばかりの『キャロットビート』が1から2へとアップ。
 経験値はクエストの報酬をアテにするつもりだったが、ここなら普通に狩りで経験値稼ぎが出来る様だ。

 敵を纏めて『キャロットビート』で一掃。はぐれた単体の敵は『ピッキ突き』で片付けて。数ドットのHPを残した敵は普通に殴ってトドメを刺す。
 Baseもどんどん上がって行き、Strを主体に、少しDexにも振る。

 抱え過ぎても『キャロットビート』のスタン効果である程度は安全。
 大勢の敵に囲まれたときにマルクのスタンアタックを喰らったときはちょっと危なかったが、何とか問題無く討伐を進めて行く。

 そうこうしている内にJobもさらにアップし、『キャロットビート』のレベルを4まで伸ばす事が出来た。
 敵の殲滅速度が向上し、更に快適な狩りが進行出来る様に。
 それからも、まだまだ有り余るニンジンを使い切ってしまわんとばかりに、ペースアップして『キャロットビート』の猛攻を継続。討伐クエストの対象にこだわらず、目に付いた敵を一掃し、まっさらにしてしまう。

 そんな調子でガンガン敵を倒して行き、無事に討伐が完了。缶詰を使ってラザーニャへと帰還する。
 報酬の経験値でBaseが84にアップ。惜しくもJobは上がらなかったので、『キャロットビート』を5まで上げ切る事は叶わず。
 また機会があればクエストを進めてレベルを上げよう。

 スキルは『ピッキ突き』もまだ3しか取ってないし、まだ充分な攻撃態勢が取れているとは言い難い。
 動物系スキルをひたすら伸ばし、攻撃力を高めて行く事にしよう。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://leadenhilt.blog.fc2.com/tb.php/141-2cf0525d

トラックバック

コメント

[C40] にんじん強いですよねb

キャロットビートは攻撃範囲が広いし強力で使い勝手がとても良いですよねb

今は精錬祭りも相まって、クエスト消化も大変だと思います。
イズルードの討伐クエストは私も時間を忘れる程楽しかったです。
個人的にクエストは大好きで、色々消化しましたがやはり異世界はちょっと腰が重かったです(;´∀`)

頑張ってくださいませ!
今後のご活躍も楽しみにしておりますね!
  • 2018-05-26 19:13
  • ごろっぺ
  • URL
  • 編集

[C41] レスポンス

 イヌハッカメテオの呪いも活用できる付加効果ですが、スタンは分かり易く動きを封じるので便利が良いですね。
 イズルード海底洞窟はやはり良い狩り場です。ドラムはある程度抱えられるので、特に稼げます。

 異世界クエは、もう何回もやってますしどうしても面倒な気持ちがありますね。異世界ツアーズがある内に、財産管理をする商人系キャラクターはやっておきたい所です。

 高レベル狩り場でガッツリ稼ぐ様な事は出来ませんが、出来る範囲で少しずつレベル上げやら金策やらをやって行こうと思います。
  • 2018-05-27 01:09
  • ファ流シ音
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ファ流シ音

Author:ファ流シ音
 2006年4月、Chaos(現Vali)にて開始。
 それから3年間くらいは転生目指して必死にログインしていた記憶があるが、それから先は現役とも休止とも言えない中途半端な時期を過ごす。
 現在は何やかやでログインが増えて来たので、ブログを書き始めてみた。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント

アクセスカウンター

コピーライト

©Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved. ©GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. 当コンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。