Entries

零番目の冒険者

 2006年3月、当時『リネージュ2』をやっていた筆者は、とあるネットカフェに入っていたネットゲーム『ラグナロク』に目を向ける。
 当時リネージュ2の記事目当てに購読していた雑誌『オンラインゲーム凄い攻略やってます』で毎月の様に触れられていた為、かねてから興味があったのが、大きな要因の1つだった。

 とにかく、折角だしちょっとやってみようとお試しアカウントを作成。
 プロンテラ南でポリンを狩り、その日はログアウトする。

 そして、正式アカウントに移行しようとしたのだが、どうやって良いかよく分からない。
 結局、お試しアカウントは諦め、最初から正式アカウントを作成する事にした。

 その正式アカウントで誕生したのが、レドンヒルト、グレイデュー、ホワールリーフの3人だ。

 お試しアカウントで最初の誕生を迎えながら、冒険を継続できなかった冒険者。
 彼はやがて、Freyaワールドで再度の誕生を果たす。

 ハイウィザード・グレイレイン。

 1stキャラクターのレドンヒルトより前に作成された、零番目のキャラクター。
 その、今現在の姿である。

グレイレイン「君は新しくネットゲームをする度に、何かしら不手際を起こして最初のキャラを消しているな」

 いやまあ、新しい事をするのは色々と試行錯誤が伴うものだから。

グレイレイン「まあ良い。それにしても、みんなが最近になって大きく成長しているのは喜ばしい事だ。
 とは言え、それを後ろで見守って満足する程枯れるつもりは無い。早速、修練に勤しむとしよう」

 そういう訳で、グレイレインでログインし、狩りに出掛けようとした訳だが、何とどう戦ったものか、非常に悩ましい。
 何しろ、彼の主な攻撃魔法は『ストームガスト』と『ロードオブヴァーミリオン』。
 属性の関係上、『ファイアーウォール』を使った戦い方とは非常に相性が悪い。

 ボス属性になって凍らなくなったミノタウロスなら効率良くダメージを与えられるかな。と、ピラミッドに向かい、『セイフティウォール』を張って戦ってみるが、ダメージを与えている間に殴られて死ぬ。

グレイレイン「1体でBaseが10%も増えるのは実入りが良いが、どうにも安定しないな」

 じゃあロードオブヴァーミリオンで戦ってみるかとイズルード海底洞窟に行ってみるが、こっちでも囲まれて逃げ回る羽目になる。

グレイレイン「『ブルージェムストーン』が現地調達出来る所は良いと思ったんだがなあ」

 で、結局の所、最も効率良く経験値を稼げるのは、オークウォリアーを『ファイアーウォール』と『ファイアーボール』で焼き払う狩りだという所で落ち着いた。

グレイレイン「やれやれ。ハイウィザードにもなって、オークウォリアーを焼くのが適正な修練だとは。それでしっかり経験値が稼げるようになった今の時代に感謝すべきなのだろうが……。釈然としないな」

 今のスキル構成でも装備次第な所はあるだろうけど。グレイレインの場合、経済的な問題が特に深刻に付いて回る事になる。
 何しろ旧男アカウントのTrudrワールドにいるのは、グレイレインただ独り。
 金策手段が大きく制限され、苦労を強いられる。

 転生のときって、どうやって金を稼いだんだっけな?

グレイレイン「運良く『毒キノコの胞子』の買い取りがあったから、ひたすらポイズンスポアを狩っただろう」

 そうそう思い出した。途中で飽きて、サバイバルロッドを店売りしたんだっけ。

グレイレイン「稼ぐとしたら目標は、詠唱妨害防止とミノタウロスで引き狩り出来る程の詠唱速度か。
 異世界クエストの準備は出来ているから、そっちで修練するのも有りかも知れない」

 現在のレベルが、Base90のJob57。そのうちウォーロックになるとして、どう戦って良いかもサッパリ分からない。
 今出来る方法でレベルアップしながら、色々と調べて行かないと。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://leadenhilt.blog.fc2.com/tb.php/77-4f9d9b93

トラックバック

コメント

[C28] これで準備はオッケーか

 キャラクター間の相関関係や設定なんかを記事に書こうとするとき、最初のキャラクターであるグレイレインはどうしても必要になるから、ちゃんと登場させておかないと。
  • 2018-02-18 18:02
  • ファ流シ音
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ファ流シ音

Author:ファ流シ音
 2006年4月、Chaos(現Vali)にて開始。
 それから3年間くらいは転生目指して必死にログインしていた記憶があるが、それから先は現役とも休止とも言えない中途半端な時期を過ごす。
 現在は何やかやでログインが増えて来たので、ブログを書き始めてみた。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント

アクセスカウンター

コピーライト

©Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved. ©GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. 当コンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。